今日は値段に関する表現色々

先ずは高いから

That's a bit steep.
ちょっと高いんちゃう?

It costs an arm and a leg.
めっちゃ高いやん!

I'm paying through the nose.
高いけどしゃーない
Ex:
1.She is paying through the nose for Don Perignon at a Host Club. 
2.I had to pay through the nose to park my car in downtown Tokyo. 

That's a little outside my budget.
ちょっと予算オーバーやなあ...


次は安い

It was a real burgen.
めっちゃ安かってん

I got it for a song.
めっちゃ安かってん(その2)

It's a dirt cheap.
超〜安い
Ex:
Yoshinoya beef bowl for 350 yen is a dirt cheap.  



cheap と expensive だけでヤリクリするんはしんどいでしょ

下記の文の違いわかります?

We will give away concert tickets.

We will give out concert tickets.

どちらも「コンサートのチケット上げる」
という意味なんですが...

勿論、どちらを使っても良いのですが
微妙な違いがあります

give awayは無料で上げる
give outは配る (hand outでも良い)

という事を強調する時に使い分けます

この違いは覚えておいた方が良いですね

それからついでに...
この2つそれぞれ別の意味もあります

I will not tell you too much about the movie because I do not want to give away the ending. 

このgive awayは「秘密を明かす」的な意味


Ten minutes after the plane took off,
one of the engines gave out.


このgive outは「機能を失う」的な意味

こないだ簡単な単語で表現でも書いたけど

Phrasal Verbs覚えるの大切でしょ
簡単な単語で細かいニュアンス含んだ
表現力が増えます

phrasal verbs with give
こちらに色々載ってます

「私はシャツを着ています」って
ちゃんと言えますか?

これを間違わずに言える日本人ほとんど
見たことないです

その理由は簡単、いつも日本語で
「シャツ」「ワイシャツ」「Tシャツ」
って言ってるから

それをそのまま英語で言うと

I am wearing a shirts.
I am wearing a white shirts.
I am wearing a t-shirts.


どこがおかしいかわかりますか?

そうです!

*なんで複数形にa必要なん?
*一人で何枚着てんの?
*重ね着?

とにかくmake senseしません

正しくは...

I am wearing a shirt.
I am wearing a white shirt.
I am wearing a t-shirt.


単数で言うべきですね

日本語のシャツの発音は複数に聞こえます

shirtのt子音です
(舌打ちみたいな音)

shirtの発音

こちらで確認してください

欲を言えばrも入った方が良いのですが
最低限「ツ」はやめましょう
(BrEのR弱いですね、日本語に近い)

勿論複数で言うときは「ツ」でOK

They are wearing t-shirts.

そのくせ....
パジャマ、サングラス、は単数になる
本当はpajamas, sunglasses は複数です
(パジャマは上下セット、サングラスはレンズ2個)

パンツ、ジーンズ, シューズはOK
pants, jeans, shoes
(足2本)

でも靴屋はa shoe store (単数shoe)

I am wearing a pair of jeans.
こんな風に言えば良いですね

代名詞使うときはthey/them

例えば親が子供にこのジーンズ履きなさいと
手渡しする時にPut them on.


まとめ

カタカナの外来語は混乱の原因

↑このページのトップヘ