先日の記事oversleep vs sleep inの件、
カナダ人に聞きました

カナダ人もoversleepは使う事もあるけど遅刻の言い訳で
I slept in と言っても失礼じゃないとの事
言い方のトーンによるらしい(やっぱりちょっと違う)
でもI am gonna oversleep tomorrowは言わない
と言っていたのでカナダ人も違いは認識してるみたい
カナダでも地域によるかもわからないとも言ってました

それでは本日のトピックは使役動詞

現役高校生から聞いた話ですが...

「〜させる」を意味する使役動詞
(let / make / have / get v to)

を教える時、先生は....

「〜させる強さ」で使い分けると教えるらしい

ちゃうやろ〜

一体日本では使役動詞どうなってるんや?

と思い色々日本語サイトググってみたら

またもや知恵袋でこんなベストアンサー発見

ちゃうやろ〜(その2 )
(何を根拠にこんな説明するんか不思議)


と言うわけで説明します

先ず使役動詞は英語でcausative verbs

と言います。その理由は

these verbs cause somethng elso happen


そして種類は4つ
let, have, make, get, help
あります


1. Let (許可を与えてさせる

Can you let me drive your car?
Let me come in. (comeなしでも良い)
Don't let the travel expenses surpas 30,000 yen.


*フォーマルな表現ではallowpermitに置き換える
I do not permit my employee to eat lunch at their desk.
I do not allow my kids to play the video game.

(不定詞to要るよ)


2. have (責任を持ってさせる)

I will have him call you back.
The manager had his secretary translate the documents.


*モノに対して例外も...
I am going to have my hair cut.
I need to have my car repaired.

(過去分詞と組み合わせる)
(インフォーマル:getに置き換えても良い)



3.make (無理やりまたは必要な事をさせる)

Don't make me do it.(無理やり
Why do schools make us wear uniforms?(無理やり必要な事
Donald Trump wanted to make global companies pay border tax.(無理やり必要な事



4.get (納得させてさせる・助長


I got my American friend to try some Natto(納豆)
How do I get my employees to work harder?

First, my student said English is not important. but I got him to study it because it is very important. 

*toが要るので注意



5. help (助ける

English skills help you find a job.
Taking bath before bed helps you fall asleep fast. 


*helpはtoを使ってもOK(あまり使わんけど)
(English skills help you to find a job)









更新情報はLINE/Twitterでどうぞ